2013年02月21日

N-ONEのETCシステムとは?

ETCシステムは、高速道路に良く乗るという人にとっては、非常に助かるパーツの一つで、最近の車では積極的に導入されてきていますね。さて、このETCシステムなのですが、N-ONEではどのようになっているかと言いますと、オプションパーツとして、購入の際に取り付けてもらうという形になります。


N-ONE ETC


街乗りしかしない人も多いですから、最近ではごく一般的な形ですね。


N-ONEのオプションでついてくるタイプのETC車載器は幾つかのタイプがあります。まずアンテナ分離型は、価格は19,000円で取り付けることができ、ナビ画面と音声で料金を案内してくれ、ETCカードの有効期限切れも教えてくれるのです。


ETC車載器の、音声ガイドタイプは、アンテナ分離型となっており、アンテナ部分にもスピーカーを内蔵する事によって、通行料金、ETCカードの有効期限など、これを音声で知らせてくれるというものになります。価格は15,000円となっており、ナビ連動などのシステムはありません。


N-ONEのオプション、ETC車載器のブザーガイドタイプのものでは、アンテナが分離しており、最もシンプルなタイプのものです。動作状態、料金所の通過をブザー、LEDランプで知らせてくれるようになっており、とてもシンプルゆえに、その値段も11,000円からと安価なものになっています。


これだけで十分という人もいれば、もっと他の機能も必要という人も少なくなく、この辺りは自分好みで選択していきましょう。

posted by mkjp at 18:12| CX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N-ONEのフロントシートカバーを変える

N-ONEの純正でついてくるフロントシートカバーでは、どうも物足りないという人も少なくありません。そうした人達は、フロントシートカバーを交換しても良いでしょう。


N-ONE フロントシート


フロントシートカバーを選ぶ際は、必ず、純正の物を選ぶようにしましょう。純正のものでないと、ずれたりしてしまって、これが非常に良くないものです。必ず純正のものを選びませんと、フロントシートカバーは満足できないでしょう。


N-ONEのフロントシートカバーの中でも人気があるメーカーとして、クラッツィオなどがあります。クラッツィオのシートカバーですと、これが非常に上質なものとして知られており、全体がレザーのタイプなどもあったりします。


N-ONE自体は小回りがきく車として知られていますが、中にはシートカバーをスタイリッシュに、または、スポーティにするために、黒と赤のシートカバーなどは非常にスタイリッシュな印象深いものとなります。


しかしながら、フロントシートカバーは、取り付けるのが結構大変であると言われています。そのため、時間がゆっくりと取れる時に行いましょう。フロントシートカバーを装着する事だけでも3時間以上の時間がかかってしまったり、しばらくビニールをつけたまま使っているという人もいるほどですから、これが結構大変かと思います。


フロントシートカバーがそれだけきついほど、しっかりとはまってくれます。長いこと乗っていく気持ちで、N-ONEにシートカバーを取り付けていきましょう。

posted by mkjp at 18:12| CX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N-ONEのライセンスランプ

N-ONEにライセンスランプを取り付ければ、今までとは一味違った車のライセンス部分、リア部分を見ていくことができるでしょう。特に最近人気を集めているものが、LEDが付けられているタイプのライセンスランプで、ほとんどの人が、ライセンスランプにこのようなLED付きのものを選んでいます。


N-ONE ライセンスランプ


N-ONE用の白色発光のLEDタイプのものでしたら、オークションでルームランプとのセットで購入できるような場合もあって、白色で大変明るい、そして、落ち着いた色のランプを見ていくことができます。


様々なメーカーからLEDのライセンスランプが登場してきていますが、ピカキュウなどから発売されているものは、ライセンスランプ対応T10というものが発売されています。こちらは見た目も高級感を見せることができます。


カーメイトからも、N-ONE用のLEDライセンスランプが登場してきています。N-ONEの尾灯はLEDなのに、ナンバー灯は電球ということもあって、流石にどうかと考えた人は、LEDで見た目のバランスを取ったそうです。


そもそもN-ONEのライセンス灯は1個なので、より多くのLEDを取り付けるという人も少なくありません。


そうしたことからも、N-ONEのポイションバルブに、余った一個のLEDを取り付けるような人もいます。


Carmateからも、N-ONEのライセンスランプが登場しています。ライセンスランプはハッチを開けて、内べりをはがして、ソケットを抜けば簡単に交換ができます。N-ONEの場合、下向きに照射するのが一般的です。

posted by mkjp at 18:12| CX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。